プロポリスは頭痛を抑えてくれる

前へ
次へ

突然痛みに襲われる偏頭痛は本当に嫌になりますよね。
ズキズキする痛みに耐えられなくなると、何もできなくなってしまいます。
痛みを抑えるには頭痛薬という方法もありますが、薬を飲み続けることには抵抗がありますよね。
そんなときに使っていただきたいのがプロポリスです。

古くから痛みを和らげる効果があるものとして使われてきたプロポリスは天然のアスピリンとも呼ばれています。
プロポリスは最近発見された成分ではなく、ヨーロッパでは4000年前から使われていたといいます。
紀元前1世紀の「博物誌」の中には神経の痛みを鎮めるものと記されています。
その他の書物にも痛みを和らげるという記述がありますから、古くから自然の鎮痛剤として使われてきたことがわかります。

頭痛と一口で言っても、その原因はいくつもありますから治すことは非常に難しいです。
しかし、プロポリスはどのような原因の頭痛にも効果があります。
成分の一つであるフラボノイドには、頭痛の痛みの元であるプロスタグランジンを抑える効果があるため、頭痛はなくなるのです。
現在は鎮痛剤として頭痛だけでなく生理痛や傷、喉、末期がんの痛みも抑えるためにも使われています。

頭痛などの痛みを和らげるために麻酔を使う方もいらっしゃいますが、麻酔薬は副作用もありますし、抵抗の弱い高齢者や子供が使うことには問題があります。
しかし、プロポリスなら薬ではありませんから副作用の危険もなく安心して使うことができます。
痛みに耐えられないために麻酔薬を使い続けている方は、身体が麻酔に慣れてしまうことがあります。
慣れた身体にはより強い薬で痛みを抑えることになりますが、その場合は作用などがより強くなり身体によくありません。
そんなときもプロポリスならば体が薬品に慣れるような事にはならず、いつまでも効果を発揮します。

頭痛の痛みをなんとかしたいけれど薬を飲んで効かなくなることが怖いという方は、プロポリスをお試しください。
これまで悩みだった頭痛もすっきり取れて、さわやかな毎日が送れるようになりますよ。
初めての購入の際、プロポリス製品の口コミは参考になります。

ページのトップへ戻る