プロポリスに副作用はある?

前へ
次へ

健康や美容などあらゆるものに効果があるとされているプロポリスですが、効果がある反面で気になるのは副作用です。
身体に影響を与える副作用があるのならば、いくら効果があるものでも不安がありますよね。
実際に副作用はなにか報告されているのでしょうか?

プロポリスの副作用を調べますと、心臓に負担を生じる可能性があるという事例が出てきました。
それは、中に含まれているアルテピリンCという成分が影響しています。
プロポリスの中でも特に効果が高いと言われているブラジル産のプロポリスは、バッカリスドラクンクリフォリアという木から材料を集めてきたミツバチからとったものです。
バッカリスドラクンクリフォリアにはあるアルテピリンCという成分http://www.abma-dc.orgが含まれているのですが、人間がこの成分を大量に摂取すると心臓に影響があると言われています。

もうひとつ、プロポリスの副作用として報告されているものに痒みや湿疹などがあります。
もちろん個人差はありますが、飲み始めの方によく起きる症状だということがわかっています。
肌が敏感な方などは特に、湿疹などがあると聞くと飲むことを躊躇してしまうことと思います。

しかし、いずれの副作用も実際は問題がないものだと言われています。
心臓に影響があると言われていますが、通常の量を飲んでいる分には問題がありません。
また痒みや湿疹についても、これらは身体の好転反応だということがわかっています。
プロポリスを飲むと最初のうちは身体の一番悪いところの毒素が表面に現れます。
そのために湿疹等が出来るわけですが、次第に落ち着いてくるために問題はないと言われています。
好転反応だとしても強く反応が出ることが不安ならば、飲み始めは量を適量よりも少なめから始めれば問題になることは少ないです。

効果が高ければ副作用も大きいことが多く、プロポリスを心配する方は多いです。
しかしサプリメントですから身体に大きな問題を起こしませんから大丈夫です。

ページのトップへ戻る